女の子とドッグ

フィラリアから守るために

男女

予防が何よりも大切です

最近、飼っている犬が食欲がないとか咳や呼吸困難で苦しそうな様子が見られたら、もしかするとそれはフィラリアが原因かもしれません。フィラリアとは犬の心臓や肺に寄生する寄生虫で素麺のような糸状をしていますが、それが心臓や肺に絡みつくことで血流が悪くなりさまざまな症状を引き起こします。感染経路としては蚊が媒体していること大きな原因です。フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が、健康な犬の血を吸うことでフィラリアに感染します。フィラリアに感染してもほとんどは気がつきません。幼虫が成虫となり体中を蝕み症状が現れて初めて気がつくケースも多く、手遅れになってしまうことも多いのです。フィラリアは死に至る恐ろしい病気なので、フィラリア予防薬で予防することが大切です。まずフィラリアに感染しているかどうかを検査で確かめ、感染していないことがわかったら毎月一回フィラリア予防薬を投薬します。蚊が活動し始める時期に合わせフィラリア予防薬を投薬しますが、5月から12月の8ヶ月間の間は毎月決められた日にフィラリア予防薬を投薬するようにしましょう。もしフィラリアに感染している蚊に刺されてしまったとしても、フィラリア予防薬を投薬していれば幼虫の段階で駆除することができるのです。きちんと処方されたフィラリア予防薬は最後まできちんと飲ませ切ってください。自己判断で投薬をやめてしまうと、感染のリスクが高まり死に至る可能性も高くなるからです。